注目トピックス

NOTICE TOPIX
ローカロリー雑炊 - 40kcal前後のおいしい雑炊は1食200円以下
ローカロリー雑炊 - 40kcal前後のおいしい雑炊は1食200円以下
ダイエット食品一覧 置き換えダイエット
ダイエット専用のローカロリー雑炊はこんにゃくライスをベースに開発した栄養補助食品です。基本的にはスーパーではなくネットで手頃な値段にて販...
マイクロダイエット - 食事を170kcalの高栄養食に置き換える効果
マイクロダイエット - 食事を170kcalの高栄養食に置き換える効果
ダイエット食品一覧 置き換えダイエット
体脂肪は1kgあたり7,200kcalに相当しますので、理論上は7,200kcalを減らせれば1kg減量できます。しかしながら、摂取カロリーだけを1日あたり...
プチシェイク - 1億食を突破した150kcalのダイエット食品
プチシェイク - 1億食を突破した150kcalのダイエット食品
ダイエット食品一覧 置き換えダイエット
食事によって体内に吸収されるエネルギーを摂取カロリー、活動のために体内で使われるエネルギーを消費カロリーと呼びます。痩せたり太ったりする...
不要な贅肉が付く3つの理由と贅肉が落ちる2つの仕組み
不要な贅肉が付く3つの理由と贅肉が落ちる2つの仕組み
贅肉を落とす方法 贅肉の取り方一覧
ぷよぷよとした贅肉が付いていることを気にする人は多く、特に中高年以上になると、それまでは痩せていた人でもお腹まわりが太くなってきます。男...
太る原因は13個もある!体脂肪が増える生活習慣を改善しよう
太る原因は13個もある!体脂肪が増える生活習慣を改善しよう
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
よく「太っている人=体重が多い人」と認識されていますが、同じ身長と体重にもかかわらず、スタイルがまったく違う人たちもいます。これは体脂肪...

閲覧ランキング

VIEW RANKING
標準体重とBMIを計算!年齢別の平均身長や平均体重も比較
標準体重とBMIを計算!年齢別の平均身長や平均体重も比較
カロリーの基礎知識 ボディチェック
自分の身長と体重から標準体重とBMIを知ることができます。BMIとは体格を相対評価した肥満の国際基準です。仮にBMIが25.0以上になった人は「肥...
標準摂取カロリーを計算!1日に必要なカロリー量を把握しよう
標準摂取カロリーを計算!1日に必要なカロリー量を把握しよう
カロリーの基礎知識 ボディチェック
自分の身長と活動内容から1日に必要な摂取カロリーを計算することができます。標準的な摂取カロリーを維持すると、標準的な体重に近づくことができ...
理想のプロポーションを測定!最適なバストサイズやウエスト
理想のプロポーションを測定!最適なバストサイズやウエスト
カロリーの基礎知識 ボディチェック
自分の体重と身長から理想のプロポーションを知ることができます。バスト、カップ数、ウエスト、ヒップ、二の腕などを含めた女性の理想体型がわ...
食品別のカロリー一覧!120種類以上から低カロリー食品を探そう
食品別のカロリー一覧!120種類以上から低カロリー食品を探そう
カロリーの基礎知識 カロリーコントロール
体重を落とすためには、シンプルにカロリーの低い食品を食べることが有効です。食品の種類や調理法を工夫すれば、食べる量を減らすことなく、カロ...
バナナ - 1本84kcalの低カロリーで栄養価と満腹感に優れている
バナナ - 1本84kcalの低カロリーで栄養価と満腹感に優れている
ダイエット食品一覧 置き換えダイエット
バナナは高い栄養価を持っていながら、低カロリーの果物であり、腹持ちに優れていることが特徴です。さらにコンビニやスーパーでも1年を通して低...

食品100gあたりのカロリー例

カテゴリ食品例kcal
牛ロース321
豚ばら肉382
鶏ささ身108
魚介サンマ308
タラコ145
アサリ270
野菜・果物キャベツ20
しいたけ18
りんご53
穀物ご飯168
食パン263
うどん352
大豆・卵・乳製品木綿豆腐73
鶏卵151
牛乳67
菓子たい焼き210
ドーナツ227
プリン160
飲料生ビール40
コーヒー4
コーラ46

ダイエットが成功する3つのコツ

チェック1

痩せるメリットを知る

ダイエットを始めるときは「3kg痩せたい」のように、体重を減らすことを目標にする人が多いです。ただ、ダイエットを成功させるためには減量の先にあるメリットを認識したほうが、モチベーションが一層高まります。

例えば、顔の輪郭がシャープになるため、ショートからロングまでいろいろな髪型が似合うようになります。目や鼻まわりの脂肪も減るため、顔がはっきりしてメイクもしやすいです。

ボディラインを隠すようなファッションも必要ありません。男性はタイトなシャツが似合いますし、女性は足を長めに出すとセクシーです。このように容姿や外見が改善されると、清潔感などの印象が大きく変わります。自分に自信が付くために積極的な恋愛もでき、異性や恋人にも恵まれます。

逆にBMIが25以上の肥満体になると、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧、痛風、糖尿病などになる確率が2倍以上に増えます。健康診断の結果も若いときは特に問題になりませんが、20代中盤から数値が悪化しやすいです。そのため、ダイエットに成功すると、私たちは今よりも健康的になります。

チェック2

摂取カロリーを抑える

急に食事制限をしても、食欲は収まらずにストレスが溜まっていき、ダイエットは失敗しやすいです。私たちは「なるべく我慢を意識させない」ことが継続的に体重をコントロールできる秘訣です。そのためには普段から食べ物のカロリーを意識できると、自然と食べたい衝動にブレーキがかかります。

例えばラーメンは700~1,000kcalを超えます。ただし、ラーメン全般を禁止にするのではなく、油を含んだスープを残したり、低カロリーの野菜を多くするなどの工夫をして、我慢をしないようにします。

カロリーが高いと誤解されがちなおにぎりも実は170kcalもないです。むしろ、白米は血糖値を上げてお腹が空きにくくさせるために、我慢する時間が短くなるメリットがあります。マクドナルドなどのファストフードは脂質が高いですが、500kcal以下なら我慢せずに食べても構いません。

ダイエットは一時的な趣味などではなく、長期的に続けたい自己啓発です。食品別のカロリー一覧料理別のカロリー一覧で全体のカロリーを把握しながら、無理をしない食事制限が効率的です。

チェック3

消費カロリーを増やす

25歳を過ぎた頃から食べる量が増えていなくても、徐々に体重と脂肪が増えていることに気付きます。この原因は基礎代謝が落ちているからです。基礎代謝とは体をまったく動かさなくても消費されるカロリーのことです。

私たちは呼吸することで肺が膨張しますし、血液循環で心臓は収縮しています。脳や皮膚も常にカロリーを消費しています。ただし、この基礎代謝は20歳のときに男性が1,500kcal、女性は1,200kcalでしたが、50歳では男性が1,400kcal、女性は1,100kcal程度に減少していきます。

それと同時に筋力も30歳を過ぎると毎年0.5%ずつ落ちていきます。その一方で若い頃から食べる量は変化しないために、次第に現状維持の摂取カロリーと減少傾向の消費カロリーの差が大きくなり、皮下脂肪と内臓脂肪が蓄積されていくわけです。

この問題を解決するためには運動が必要です。内蔵などの基礎代謝を上げることは難しいですが、筋力を維持することで基礎代謝の低下は防げます。ランニング、筋力トレーニング、スポーツなどの運動習慣があると、短期と長期で基礎代謝の向上と消費カロリーの増加に貢献します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK