標準摂取カロリーを計算!1日に必要なカロリー量を把握しよう

1日に必要な摂取カロリーを計算する

1日に必要な摂取カロリーを計算する

自分の身長と活動内容から1日に必要な摂取カロリーを計算することができます。標準的な摂取カロリーを維持すると、標準的な体重に近づくことができますので、まずは自分に必要な摂取カロリーを把握しましょう。

男性のほうがカロリーを多く摂ったり、若い人ほどカロリーを消費しやすい傾向がありますが、これらは個人差が大きいです。そのため、男女における体格差は身長をベースにすることで解消し、年齢による消費カロリーの差は1日の活動内容を参考にして、正確性を高めています。

  1. 身長を半角数字で入力します。
  2. 1日の活動内容を選びます。
  3. 計算ボタンを押します。
身長
cm
1日の活動内容 座っている時間が長い
立っている時間が長い
動いている時間が長い
肉体労働の時間が長い

標準体重 kg
1日に摂取できるカロリー
kcal

通常、今の生活から1日400kcalのマイナス状態を作ると、1カ月で2~3kgは痩せられます。食品別のカロリー一覧料理別のカロリー一覧を参考に、1日の摂取量をコントロールすることがダイエットの基本です。

効果的なカロリーダイエットの例

私たちが「カロリー制限の目標は1日1,000kcal」と決めてしまうと、食事の全カロリーの総量をゼロから考えなくてはいけません。特に普段から料理をしない人には厳しい設定です。

そのため、はじめに自分が普段食べているカロリーの総量を算出して、そこからどのくらい減らすかを決めましょう。カットしたカロリー分だけ痩せることができるため、1カ月後の体重の減少値も計算できます。

例えば、1日100kcalを減らすと、脂肪へは10~12.5g、体重に与える影響は15~25gになるため、1カ月で450~750gは痩せられる計算です。この引き算方式によるカロリーコントロールは、無理なくダイエットに望めます。

100kcal=脂肪10~12.5g=体重15~25g

ちなみにはじめに設定した1日1,000kcalとは、1歳児に必要な1日の総カロリー量であり、とてもダイエットに耐え切れる食事にはなりません。

カロリーコントロールが初めての人は、まずは夕食のみを意識して数百kcalを減らしてみるだけでも効果ありです。

朝と昼の食事量は普段と変えず、夜の食事のみカロリーを減らすことは、ダイエットの王道とされています。その理由は夜は睡眠をすることで摂ったカロリーが体内に蓄積されやすいからです。

例えば、夕食の前に野菜ジュースを1杯飲むだけで、満腹感がいつもより早くきます。その結果、ご飯の量が数口は減ることでしょう。おかずも意識的に肉ではなく魚を食べることで、かなりのカロリーを削減できます。

ダイエットのコツは我慢して食事の量を減らすのではなく、満腹感を損なわないカロリー計算をすることです。

スポンサードリンク

本記事は2015年6月22日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
カロリー計算ができるとダイエットに成功しやすい
カロリー計算ができるとダイエットに成功しやすい
カロリーの基礎知識 カロリーコントロール
カロリー計算とは「食事のカロリーを把握して、1日に摂取したカロリーの合計値を知ること」です。食品のカロリーをある程度認識しておくと、意識的...
理想のプロポーションを測定!最適なバストサイズやウエスト
理想のプロポーションを測定!最適なバストサイズやウエスト
カロリーの基礎知識 ボディチェック
自分の体重と身長から理想のプロポーションを知ることができます。バスト、カップ数、ウエスト、ヒップ、二の腕などを含めた女性の理想体型がわ...
栄養別ランキング!ビタミンAやマグネシウムなどを多く含む食材
栄養別ランキング!ビタミンAやマグネシウムなどを多く含む食材
カロリーの基礎知識 カロリーコントロール
ビタミン類とミネラル類は日常的に偏りなく摂取することが重要ですが、普段の食事からすべてをバランスよく摂ることは難しいです。特にダイエット...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK