唐辛子 - 辛味成分のカプサイシンが食後の脂肪燃焼を促す

脂肪が燃焼する唐辛子のカプサイシン

脂肪が燃焼する唐辛子のカプサイシン

スーパーで簡単に購入できる唐辛子は、料理のスパイスとしてよく使う南米が原産の食品です。この唐辛子がダイエットに効果的な理由は、辛味成分であるカプサイシンが含まれているからです。

カプサイシンを摂取すると、発汗を促し、美肌やダイエットに効果的であることがわかっています。

カプサイシンは胃で分解されて、小腸で吸収されたあと、血液によって脳に運ばれます。その後、内臓の神経に働きかけ、副腎でアドレナリンの分泌を活発にさせます。

さらにそのアドレナリンによってエネルギーの代謝を高め、脂肪を燃焼し血行が良くなり、冷えやむくみなどを改善してくれます。

唐辛子を食べると体が熱くなったり、汗をかいたりするのはそのためで、エネルギーが活発に消費されていることがわかります。

運動をして、脂肪を燃焼させる行為とは違い、カプサイシンは食後すぐに脂肪の燃焼が始まることからダイエットにも有効です。

減塩効果や殺菌作用、白血球の活発化による免疫力の向上もありますし、多くのビタミン類を含んでいます。カプサイシンが豊富な唐辛子は、食事に加えて食べるダイエット食品です。

カプサイチンにはサプリメントが有効

辛さの単位であるのスコーヴィル

辛さを表わす尺度としては正式な単位が決められており、一般的には「スコーヴィル」と呼ばれています。スコーヴィルの大きさは唐辛子に含まれるカプサイシンの量によって決定されます。

唐辛子の中にカプサイシンが0.000001%含まれていれば、5スコーヴィルです。有名なハバネロも20万~30万スコーヴィルあり、ハバネロにはカプサイシンが平均で5%も含まれています。

また、タバスコが3万~50万スコーヴィル、日本で一般的に食べられている唐辛子であるジャポーネ種は、平均で25,000スコーヴィルになります。

最も辛いとされるキャロライナ・リーパーは300万スコーヴィルもあり、これは催涙スプレーの成分よりも重く、皮膚や粘膜がヒリヒリとした痛み、咳が止まらなくなったりします。

苦手な人はサプリメントで摂る

カプサイシンはワサビやカラシの辛み成分である「イソチオシアネート」とは異なるため、日本人のようにワサビを多食する地域の出身者でも、唐辛子の辛さを苦手とする人は多いです。

唐辛子を使用したカロリーダイエットは辛い食べ物が苦手な人には向いていません。辛い食べ物を食べる習慣がないなら続かないでしょう。

カプサイシンは油やアルコールによく溶けますが、冷たい水にはあまり溶けないため、いくら水を飲んでも辛さは薄れません。それにカプサイシンは普段の食事と一緒に摂ろうとしても、食事の味が変化してしまいます。

そのためにカプサイシンダイエットは唐辛子を大量に食べるよりも、栄養補助食品であるサプリメントで摂ることが効果的あり、便秘解消、新陳代謝の向上、持久力強化、便秘解消、免疫力向上などにも役立ちます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。
公開日公開日 2006.10.21
更新日更新日 2015.06.22
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
ローカロリー雑炊 - 40kcal前後のおいしい雑炊は1食200円以下
ローカロリー雑炊 - 40kcal前後のおいしい雑炊は1食200円以下
ダイエット食品一覧 置き換えダイエット
ダイエット専用のローカロリー雑炊はこんにゃくライスをベースに開発した栄養補助食品です。基本的にはスーパーではなくネットで手頃な値段にて販...
プーアール茶 - 重合型カテキンとリパーゼ酵素で脂肪吸収を抑える
プーアール茶 - 重合型カテキンとリパーゼ酵素で脂肪吸収を抑える
ダイエット食品一覧 脂肪を燃焼する食品
プーアール茶は緑茶を黒麹菌で醗酵させたお茶です。ネットやスーパーで購入できて、値段も手頃なプーアール茶は「重合型カテキン、リパーゼ酵素、ビ...
菓子のカロリー - 和菓子・アイス・ケーキ・ゼリー・スナックなど
菓子のカロリー - 和菓子・アイス・ケーキ・ゼリー・スナックなど
食品別カロリー一覧 食品のカロリー
和菓子は洋菓子とは違って、バターや生クリームなどの油脂類を使っていません。例えば、まめ大福や芋ようかんなら120kcal以下で、ダイエットに向...
お腹の贅肉を落とす方法!ジョギング後の腹筋運動で脂肪が燃える
お腹の贅肉を落とす方法!ジョギング後の腹筋運動で脂肪が燃える
贅肉を落とす方法 部位別の贅肉の落とし方
男女問わず、お腹の贅肉に悩んでいる人は数多くいます。若いときにはダイエットなしでスリムな体型を維持できた人も、中年になると急に体型に変化...
大豆・卵・乳製品のカロリー - 豆腐・納豆・鶏卵・牛乳など
大豆・卵・乳製品のカロリー - 豆腐・納豆・鶏卵・牛乳など
食品別カロリー一覧 食品のカロリー
必須栄養素の1つであるタンパク質は肉類に多く含まれますが、肉だけ食べればOKというわけではありません。肉ばかりではカロリー過多になりやすく...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
カロリン編集部
カロリン編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
カロリーダイエットを徹底解説。食品別と料理別のカロリー計算、標準体重やBMI、痩せる方法などを掲載しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK