ダイエット中に食べられる肉や魚!調理法でもカロリーはダウン

低カロリーな肉や魚を積極的に食べる

低カロリーな肉や魚を積極的に食べる

低カロリーな料理とは主にキノコ、こんにゃく、海藻、大豆、フルーツなどの低カロリーな食品を使った料理が一般的です。

ただし、健康的にダイエットをするためには、カロリーが低いだけでなく栄養のバランスが大切であり、特にタンパク質、ミネラル、ビタミンなどを意識した食事を摂ることが理想です。

そのためには低カロリーな食材を選ぶことも必要でありながら、一定の食品を極端に避けるなどはせず、普段の肉や魚を使った料理でダイエット効果を促したいです。

その際は肉や魚ともに食品の部位や種類を工夫します。同じ肉類や魚介類でも、タンパク質、脂質、炭水化物の含有量がまったく異なります。

牛肉と豚肉

ロースやバラ肉は脂身が多いために避け、ヒレ肉やモモ肉などの赤身の部位を選ぶほうが低カロリーです。

レバー、ハツ、タンなどの内臓肉も、全体的に低いです。高タンパクで低脂肪なため、家庭でも積極的にメニューに加えることが可能です。

鶏肉

肉類の中では最も低カロリーですが、皮や黄色い脂肪の部分のカロリーは高いので、取り除いたほうが効果的です。

特におすすめな代表的な部位はササミで、ボディビルダーやスポーツ選手も好んで食します。

イワシやブリ、サンマなど青魚よりも、タイやヒラメなどの白身のほうが低カロリー高タンパク質で、ダイエットに適しています。調理法は刺身や焼き魚がおすすめです。

脂肪が多い食品も調理で改善できる

食品や素材に脂肪分が多くても、調理の仕方だけで脂肪分を減らしたり、使う油の量を減らすように工夫することも、おいしさを失わないカロリーコントロールです。

オーブン料理

オーブンや網で焼くと脂が抜け落ちるため、脂が食材に絡みやすいフライパンで焼くよりも低カロリーです。

フライパンで魚や肉を焼く場合は、クッキングシートを敷いた上で焼くとクッキングシートが余分な脂分を吸収してくれます。

蒸し料理

蒸し料理も脂肪分が抜けやすく、油も使わないために低カロリーです。煮込み料理も余分な脂肪分が出ていくことで、しっかりとアクを取ればおいしくできます。

炒め物

炒め物は炒める前に下ゆでをすると、カロリーを抑えられます。肉類は余分な脂が水に溶け出ますし、野菜は炒め油の量が少なくて済みます。

低カロリー、低コレステロール、低脂肪で、普段と遜色なく栄養が摂れる低カロリー食は、ダイエットに適した食品です。

ダイエット専用の低カロリー食がベター

ダイエット専用の低カロリー食がベター肉や魚も種類や部位、調理法を工夫すれば、ダイエット中でも食べられますが、日常的にはなるべく肉を摂らないで、カロリーを抑えたほうが痩せやすいです。

例えば、低カロリーの食材であるキノコを使ったキノコ料理などは、カロリーが100kcal未満で済みます。

  1. キノコは生しいたけ、しめじ、えのきだけ、まいたけ、ひらたけなど数種類を取り合わせ、水で洗って、石づきを取り、食べやすい大きさに切ります。
  2. 鍋にキノコを入れて、だしを浸るくらい入れて煮ます。火は最初は強火で温め、沸騰してからは中火で大丈夫です。
  3. しょうゆとすだち、おろししょうが、大根おろし、からしなど好みの薬味でいただきます。

このような低カロリー食を「手間がかかりすぎて厳しい」や「栄養不足になりそうで不安」という人も多くいます。その場合はダイエット専用の低カロリー食が最適でしょう。

例えば、ローカロリー雑炊プチシェイクなどのダイエット専用の低カロリー食はタンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム、カルシウム、鉄分などの1日に必要な栄養素を摂取できます。

味が豊富なため、飽きが来ずに長続きしやすいです。低いカロリーを意識したダイエットはストレスを感じることがなく、継続しやすいことが成功への秘訣になります。

スポンサードリンク

本記事は2015年6月22日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
中年太りは基礎代謝の低下が原因!運動で基礎代謝量を取り戻そう
中年太りは基礎代謝の低下が原因!運動で基礎代謝量を取り戻そう
太っている人の痩せ方 消費カロリーを増やす
中年太りで体脂肪が増えてくる理由は、生活代謝が減っているからです。例えば、仕事中心の生活で食事や掃除などを簡単に済ませていると、日常の中...
健康的に痩せやすい4つの食事と筋肉が向上しやすい3つの食事
健康的に痩せやすい4つの食事と筋肉が向上しやすい3つの食事
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
健康的に体重を減らすためには、食事と運動のバランスが大切なことはよく知られてます。体を形成する要素は食事が基本ですし、筋肉や脂肪のバラン...
夜食は脂肪の蓄積率が高い!夜に食べないダイエットの根拠
夜食は脂肪の蓄積率が高い!夜に食べないダイエットの根拠
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
ダイエットの1つに「夜遅い時間に食べない」という方法がありますが、その理由が科学的に解明されました。今まで太るメカニズムは解明されていま...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK