数万円もするダイエット本の中身はコピーばかりで役に立たない

100%痩せるというダイエット本の真相

100%痩せるというダイエット本の真相

ダイエットをテーマにした書籍はたくさん販売されており、中でも有名人が実践したリアルな体験談や栄養士やトレーナーによる講座が人気です。

ただ、ダイエットに成功した人は元々の体型や体質だけではなく、生活習慣や日常運動量さえも自分と異なるため、同じようにそのダイエットを実践しても、確実に痩せるという保証はありません。

あまり書籍の情報を鵜呑みにせず、まずはカロリーコントロールの知識を付けて、痩せる仕組みを理解することが先決です。栄養を維持しながら摂取カロリーを減らして、脂肪を燃焼させるために運動量を増やしましょう。

その一方でネット上には「ダイエット・マニュアル」などのダイエット本が出回っており、1冊2万円や3万円で高額取引されています。いわゆる「情報商材」と呼ばれる電子書籍です。

例えば「モデルが成功した5kg痩せる裏技、運動しなくても3カ月で8kgの減量、体脂肪率-3%が簡単にできるノウハウ」といったタイトルです。

これらの情報商材には書店では売られていないような特別なノウハウが書かれているように思えるでしょう。情報商材は基本的に効果ですが、その金額に見合う情報が得られることが特徴とされています。

ただ、実在する情報商材では「シークレットモデルダイエット、頑張らなくていい産後ダイエット、体脂肪燃焼ダイエット」などが有名ですが、いくら高額でも書籍と同様に100%痩せるわけではないことは認識したいです。

買いたくなる仕掛けに騙される人たち

先着○名や期間限定はすべて嘘

情報商材は価値のない商品が散見される状態が続いています。玉石混淆というよりも玉の割合はわずかであり、中には「全く役に立たない。本当に騙された」と思う人も少なくないです。

もちろん、店舗で販売されている書籍でも、あまり役に立つ情報がなかったという経験はよくあるため、情報商材でもその傾向があることは当然かもしれません。

しかし、一般書籍は買う前に立ち読みができ、無益な情報ばかりである場合は購入を避けることができますが、情報商材は情報本体がブラックボックスになっているため、その正確性は購入者が事前に予想するしかありません。

さらに情報商材では頻繁に「あと24時間で販売が完全終了、先着100名様だけにスペシャル特典、期間限定で17,800円」といった煽りも見かけます。これらはほとんど嘘であり、景品表示法などにも違反しています。

例えば「販売終了」と銘打っても簡単に延長したり、販売方法を変えて再販します。よくある「先着○名」もいくらでも増やせます。期間限定の「値引中」には元から通常価格が存在しません。

肝心の中身も他の書籍のコピーを書きなおして、寄せ集めてだけだったりします。情報商材は金儲け主義による安直なマーケティング手法で私たちを引っ掛けようとしていて、詐欺に近い市場全体が問題にもなっています。

体験談も偽装して売られている

2週間で2kg痩せることに成功しました!しかも、1回だけ体重が減ったわけではなく、あるダイエットを実践したことで6カ月続けて、合計で27kgも痩せることができました!

このように書かれてしまうとコンプレックスの持っている人の何%かは、この情報商材を購入してしまうかもしれません。

その情報商材の体験談を見ても「始めてもう1週間になりますが、2kgも痩せてしまいました」「気が付けば勝手に痩せていたわけです」「実践したら肌まできれいになりました!」といった具合です。

しかし、それは裏付けが確認できない感想であって、その情報商材が本当に役立ったかは解明できません。実は体験談さえ作り物で「私の写真が勝手に使われている!」との報告もあるくらいです。

情報商材とは店頭で売っている書籍を切り取っては繋ぎあわせて、体験談を偽装すれば完成できます。あとはマーケティングを駆使して、丁寧に売りさばくだけです。

ダイエットというテーマは個人の努力が欠かせないために、自己責任を押し付けることが多く、クレームになりにくいですし、きちんと頑張ればそのダイエットに頼らなくても、意外と痩せたりもします。

そのため、情報商材の販売者は詐欺で告発されたりはしません。彼らが「自分が痩せた体験談をまとめただけ」と主張すれば、真偽は闇の中です。

ダイエットに数万円のコストは不要

私たちが本気で痩せたいときに高価な情報商材に騙される必要はありません。なぜならダイエットの基本は食事による摂取カロリーを減らして、運動による消費カロリーを増やすことだからです。

これが原則であり、あとはどう実践するかです。食事は低カロリー高栄養価の食品や料理を探すことから始めます。難しいときはダイエット食品が効率的ですので、それらにお金をかけましょう。

間違っても情報商材にお金をかけてはいけません。新しい健康器具も必要ないです。日々走るだけで体は筋肉が大きくなりながら、脂肪が減っていきます。根本的には継続ができるかどうかです。

また「体重を3kgくらい減らす」ことは特別なノウハウがなくても、努力次第で達成できる難易度の低い数値です。シンプルに「夕食は野菜だけにする」といった内容で痩せることはできます。

問題は「我慢、継続、根気」をいかに克服するかですので、そういった意味でも「おいしい、飽きない、続けられる」ことをコンセプトにしたダイエット食品が役に立ちます。

情報商材の内容は「摂取カロリーの減らし方、消費カロリーの増やし方、ダイエット食品の紹介」などで、何も新しくありません。私たちは自分で役立つ情報を手に入れながら、自分に合ったダイエットを試していきたいです。

スポンサードリンク

本記事は2015年6月22日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
夜食は脂肪の蓄積率が高い!夜に食べないダイエットの根拠
夜食は脂肪の蓄積率が高い!夜に食べないダイエットの根拠
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
ダイエットの1つに「夜遅い時間に食べない」という方法がありますが、その理由が科学的に解明されました。今まで太るメカニズムは解明されていま...
何もしないと筋力は年0.5~1%も低下する!予防策は運動や筋トレ
何もしないと筋力は年0.5~1%も低下する!予防策は運動や筋トレ
太っている人の痩せ方 消費カロリーを増やす
一般的にただ痩せただけの人を見るとわかりますが、ごつごつと骨が出ていて健康的ではありません。一方、きちんと筋肉を大きくしながら脂肪が減ら...
太る原因は13個もある!体脂肪が増える生活習慣を改善しよう
太る原因は13個もある!体脂肪が増える生活習慣を改善しよう
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
よく「太っている人=体重が多い人」と認識されていますが、同じ身長と体重にもかかわらず、スタイルがまったく違う人たちもいます。これは体脂肪...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK