夜食は脂肪の蓄積率が高い!夜に食べないダイエットの根拠

太る時間帯は科学的に証明されている

太る時間帯は科学的に証明されている

ダイエットの1つに「夜遅い時間に食べない」という方法がありますが、その理由が科学的に解明されました。今まで太るメカニズムは解明されていましたが、食事の摂取時間に特化した報告は今回が初めてです。

体内時計を調整している細胞内の「BMAL1」と呼ばれるタンパク質が、脂肪を蓄積する指図もしているらしいことが、日本大薬学部の榛葉繁紀講師らの研究でわかった。

BMAL1は昼夜の生活リズムを刻む体内時計を調整しており、脂肪組織に多く含まれている。午後3時ごろは微量で、午後10時~午前2時に最も多くなる。その差は約20倍にも上る。

朝日新聞(2005年9月11日)

つまり、たくさんのカロリーを午後3時に摂るより、午後11時に摂ったほうが20倍以上も太るということになります。体重を減らしたい人は午後8時までなど、なるべく早い時間に食事を切り上げることが痩せるコツです。

BMAL1が増える時間には絶対に食べない

有名女優や歌手が18時以降や20時以降は何も食べないことで、プロポーションを維持していることは有名ですが、今回はマウスを使った実験結果が掲載されていました。

榛葉さんらは遺伝子操作でBMAL1を持たないようにしたマウスを利用。このマウスから取った細胞は、栄養過剰にしても脂肪を蓄えなかったが、遺伝子をアデノウイルスを運び屋にして細胞に送り込み、BMAL1を大量につくらせると、脂肪を蓄え始めた。

脂肪組織に変わるタイプの細胞に、BMAL1の遺伝子を送り込むと脂肪の合成に関わっている物質の量が増え、BMAL1と同じ日内変動を示すことも確かめた。

昔から「夜食は太る」と言われてきたが、その原因が科学的に証明された。ただ、不規則な生活で体内時計が狂った人は、午後3時ごろに食べても太る可能性がある。

朝日新聞(2005年9月11日)

逆に栄養を過剰に摂取してもBMAL1さえ少なければ脂肪は増えにくいとも考えられます。個人差がある太りやすさの指標も、BMAL1細胞の量で証明できるかもしれません。

今回の実験結果でわかったことは「規則正しい生活リズムの中で3食を摂ることは必要でありながらも、夜食は食べないことがベストである」ということです。特にすでに夕食を食べた後におやつなどを食べたり、飲み会などで夜遅くまで飲んでいる行為は、体重を増加させます。

今後はカロリー計算によって食べる量を抑えながら、カロリーを摂取する時間にも気をつけたいです。科学的根拠が明確であるため、夜食を食べないことは数回のチャレンジではなく、継続していきたい習慣です。

スポンサードリンク

本記事は2015年7月16日時点の情報です。本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた記事を掲載しておりますが、記事を参考にする際はご自身の責任のもと、ご利用いただくようお願いいたします。

関連する記事

RELATED ARTICLES
エステの消費カロリーは600kcal!痩せる理由は脂肪の燃焼と排出
エステの消費カロリーは600kcal!痩せる理由は脂肪の燃焼と排出
太っている人の痩せ方 消費カロリーを増やす
エステで脂肪を燃焼してもらうと、施術箇所は細くなりますが、実際に消費しているカロリーは高くないです。例えば、大手エステティックサロンのエ...
ダイエット中に食べられる肉や魚!調理法でもカロリーはダウン
ダイエット中に食べられる肉や魚!調理法でもカロリーはダウン
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
低カロリーな料理とは主にきのこ、こんにゃく、海藻、大豆、フルーツなどの低カロリーな食品を使った料理が一般的です。ただし、健康的にダイエッ...
健康的に痩せやすい4つの食事と筋肉が向上しやすい3つの食事
健康的に痩せやすい4つの食事と筋肉が向上しやすい3つの食事
太っている人の痩せ方 摂取カロリーを減らす
健康的に体重を減らすためには、食事と運動のバランスが大切なことはよく知られてます。体を形成する要素は食事が基本ですし、筋肉や脂肪のバラン...

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKED UP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK