脂肪を燃焼するアミノ酸

トップページ > 食事に加えて食べる

運動で痩せたい人にはアミノ酸が不可欠

アミノ酸はタンパク質の一種であり、人間の活動に欠かせない栄養です。摂取量が足りない場合はアミノ酸のサプリメントなどが販売されており、ドラッグストアなどで気軽に購入できます。

元々、アミノ酸は食品に含まれていますが、直接摂取することでダイエットにも効果的です。

ただし、アミノ酸を飲むだけで痩せるという情報は間違いです。多くのアミノ酸は運動と組み合わせることで、脂肪燃焼効果を発揮する物質になります。

まず、アミノ酸を摂らないで運動すると、食事で摂った脂肪が消化されやすく、次に体に蓄積された体脂肪がゆっくりと分解されます。これはこれで問題ありません。

逆にアミノ酸を摂って運動をした場合、アミノ酸に含まれる「リパーゼ」という脂肪燃焼酵素が活性化されるため、蓄積された体脂肪の分解をより促進させ、血液中に流れていきます。

つまり、アミノ酸を運動前に摂ると、体脂肪が燃えやすくなります。運動にアミノ酸をプラスすることで脂肪が減っていきます。

運動 + アミノ酸 = 通常よりも脂肪が燃焼する

一般的な食べて痩せるダイエットとは、脂肪の吸収を抑える仕組みがほとんどですが、運動とアミノ酸を組み合わせたダイエットは、脂肪を減らすことを前提にしています。

アミノ酸の脂肪燃焼効果には運動が必要ですが、激しいスポーツではなく、日常的な活動でも脂肪燃焼は期待できます。

アミノ酸とは人間の体を形成する物質

アミノ酸とは人間の体を形成する物質アミノ酸とはタンパク質を構成する最小単位の物質で、毎日摂取する必要があります。

タンパク質は「脳、筋肉、内臓、皮膚、毛髪、爪、血液」などの体のあらゆる組織を構成しています。

人間が生きていく上で必要なアミノ酸は20種類あり、このうち体内で合成できる11種類のアミノ酸を「非必須アミノ酸」、体内で合成できない9種類を「必須アミノ酸」と呼びます。

必須アミノ酸は「リジン、アラニン、フェニールアラニン、アルギニン、バリン、グリシン、ロイシン、メチオニン、ヒスチジン」であり、これらは脂肪の吸収を抑えながら脂肪の燃焼を促す働きがあります。

必須アミノ酸を日常的に摂っていると、コレステロールや中性脂肪が減少して、血液もサラサラになりやすいです。

また、脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化してくれるので、アミノ酸を摂取すると、脂肪を減らす効果が期待できます。

特にアミノ酸を摂ったあとに運動をすると、このリパーゼが脂肪燃焼酵素が活性化されるため、体に蓄積された体脂肪の分解を促進させ、体脂肪は血液中に流れていきます。

さらにアミノ酸を摂取すると「ヒト成長ホルモン」という大切なホルモンが分泌されて、古い細胞をドンドン新しい細胞に変えていきます。

このヒト成長ホルモンは歳を取るにつれて、分泌が減っていくため、アミノ酸を摂取することで、肌の代謝を促進させる効果が期待できます。

また、アミノ酸はコラーゲンに変化して、乾燥や紫外線で痛めつけられた肌を修復してくれたり、メラニンの育成を押さえる作用もあります。ビタミンCを併用することでより美肌効果を期待できるでしょう。

その他にもアミノ酸を摂ると体温が上がるので、冷え性にも効果があり、排尿を促して、むくみが取れるといった効果が期待できます。

他の補助食品とは一線を画すアミノ酸

アミノ酸を使用したカロリーダイエットは運動をしない人には向いていません。何種類もアミノ酸のサプリメントはありますが、結局は運動不足で食べても余分な栄養源になってしまいます。

また、アミノ酸はドリンクタイプなどもありますが、効果が高いとされるサプリメントは値段も高いです。運動前に飲むアミノ酸ドリンクも200~400円はするので、毎回1本は厳しいです。

ただ、アミノ酸ダイエットは食事制限なしで、運動することで脂肪を燃やし、筋力アップを図ることで基礎代謝量を上げます。結果、脂肪を燃やしやすい体に変化することが特徴です。

アミノ酸で急激な体重減少はありませんが、基礎代謝が高い体質になるためリバウンドが起こりにくいこともメリットです。

アミノ酸ドリンクは飲みやすいですが、アミノ酸以外の糖分などが入っているので、できたら運動前にはサプリメントでアミノ酸を摂ることが効果的です。

また、普段の食生活でもアミノ酸を摂るようにしましょう。豆腐や豆乳などの豆類、白身魚やヨーグルトなどの食品が、タンパク質の含有量が多くて脂質が少ないです。

アミノ酸を使用したカロリーダイエットはアスリートからトップモデルまでが実践している科学的根拠に基づいたダイエットになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の記事     標準体重とBMIを計算
前の記事     カロリーコントロール
人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
理想プロポーションを測定
標準摂取カロリーを計算

食事の代わりに食べる

経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
納豆は低カロリー高栄養
バナナのカロリーと栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験