標準体重とBMIを計算

トップページ > 自分の体を測定

自分の肥満レベルを簡単に調べよう

体重と身長から標準体重とBMIを知ることができます。BMIは肥満判定の国際基準であり「Body Mass Index」の略です。

  1    性別を入力します。
  2    身長と体重を半角数字で入力します。
  3    「標準体重とBMIを測定」を押します。

性別
男性  女性
身長  cm
体重  kg
  
標準体重  kg
BMI

BMIが18.5以下は痩せすぎ、18.5~25.0は健康的、25.0以上は肥満体型とされています。

摂取カロリーと消費カロリーをコントロールすることで、標準体重とBMIは理想値に近づけることができます。

健康的に生活するための標準体重

BMIは下記の計算式で求めることができます。1994年にWHOにより基準値が発表されました。

BMI = 体重(kg) ÷ (身長(m) × 身長(m))

ただし、外国人と日本人では体格と生活習慣病の関連性が異なるため、日本では独自の調査により、正常値は「男性=22.0、女性=21.0」と決められました。

これは統計的にみて最も病気にかかりにくい健康的な数値とされ、この数値から離れるほど有病率が高くなる傾向があります。

ただ、BMIは統計的に病気になりにくい体型を表す数値であって、ベストプロポーションを意味するものではありません。

あくまで参考値であるため、実際のダイエットでは基礎代謝量や体脂肪率を意識して、1日の摂取カロリーと消費カロリーをコントロールする機会が増えるでしょう。

また、BMI以外にも標準体重の求め方は数種類あります。最初は世界的にも広く採用されている算出方法です。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22

ただし、この算出方法は大人用ですので、学童期の子どもに適用するために作られた公式が下記になります。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 身長(m) × 13

次に欧米人の体系ではなく、日本に合わした簡易的に用いられてきた算出方法です。

標準体重(kg) = (身長(cm) - 100) × 0.9

最後は男性、もしくは身長の高い女性に用いられる簡易的な算出方法です。あまり正確ではありません。

標準体重(kg) = 身長(cm) - 110

また「標準体重は太めに作られているのでしょうか?」と質問を受けることがありますが、標準体重は医学上で生命を維持するために最も適切である体重、健康的に生活するために最適とされる体重と定義されています。

つまり、病気にかかりにくく、長生きできるだろう体重のことです。一般的に美しいプロポーションであるといわれる体重は「美容体重」と呼ばれ、標準体重とは別もです。

つまり、標準体重が太めではなく、現代の美容体重の基準が標準体重と差があるということです。美容体重は個人によって感じ方が異なりますが、標準体重より「約5%ほど落とした体重」と言われています。

美容体重を意識する人がカロリー計算をする場合には、通常時のダイエットよりもカロリーを少なく設定する必要があります。

日本人の平均身長と平均体重

性別と年齢別による日本人の平均身長と平均体重です。データは総務省の「身長と体重の平均値」を元に作成しました。

男性(6歳~70歳以上)
年齢平均身長(cm)平均体重(kg)
6歳117.120.9
7歳120.823.6
8歳129.427.2
9歳132.730.8
10歳138.532.9
11歳143.836.2
12歳151.944.5
13歳159.646.9
14歳164.452.6
15歳169.056.7
16歳168.557.7
17歳170.960.9
18歳172.562.5
19歳169.059.4
20歳171.061.8
21歳170.260.7
22歳170.169.5
23歳171.965.7
24歳171.562.9
25歳169.663.5
26~29歳170.466.5
30~39歳171.569.6
40~49歳170.670.4
50~59歳168.068.2
60~69歳165.364.6
70歳以上160.959.9
女性(6歳~70歳以上)
年齢平均身長(cm)平均体重(kg)
6歳115.120.1
7歳121.823.5
8歳128.426.5
9歳135.230.8
10歳139.233.1
11歳145.336.8
12歳150.840.8
13歳155.746.2
14歳156.148.4
15歳156.651.0
16歳158.051.0
17歳158.051.9
18歳157.756.3
19歳159.255.2
20歳159.555.0
21歳156.749.4
22歳157.250.3
23歳154.848.4
24歳159.149.8
25歳157.750.2
26~29歳158.751.8
30~39歳158.354.0
40~49歳157.854.7
50~59歳155.254.1
60~69歳151.853.4
70歳以上147.750.4

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
理想プロポーションを測定
標準摂取カロリーを計算

食事の代わりに食べる

経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
納豆は低カロリー高栄養
バナナのカロリーと栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験