97%が水分のこんにゃく

トップページ > 食事を減らして食べる

水を吸収して胃で膨らむこんにゃく

水を吸収して胃で膨らむこんにゃくこんにゃくはこんにゃく芋という植物の芋から生成した日本の食品です。

こんにゃくはノンカロリーに近いために食べても脂肪になりませんし、水を含むと大きく膨れる性質を持ちます。

元々、こんにゃく自体の97%が水分で、固形分はわずか3%ですが、さらに水気を含みやすいことが特徴です。食前に水を飲みながら食べると胃で膨張し、しっかりと満腹感をもたらします。

また、こんにゃくはしっかり噛んで食べるので、食べ応えもあって満足です。よく噛んで食べることで咀嚼が増えて満腹を感じやすくなります。

こんにゃくのように歯ごたえがあることは、脳の満腹中枢が刺激され、わずかな量を食べても満腹感を得やすいため、ダイエットに効果的です。

他の食材と組み合わせても食べすぎを未然に防ぎ、カロリーの過剰摂取を抑えることができます。そのため、ダイエット食品にもこんにゃくはよく使われます。

胃腸を綺麗にして脂肪の吸収を防ぐ

こんにゃくは「胃の掃除屋」と呼ばれ、脂肪やコレステロールの吸収をガードしながら、老廃物を外に出す働きも持っています。

食物繊維も豊富に含み、腸壁を刺激しながら消化するので、便秘解消にも効果があります。

加工される前のこんにゃくに含まれている食物繊維は水溶性ですが、アルカリ性物質を加えて製品になると非水溶性に変わり、体内で消化されずに大腸を刺激して便秘を予防します。

整腸作用はダイエットに効果的です。便通が良くなると代謝も改善され、脂肪も燃えやすい体になります。ダイエットには直接関係がありませんが、皮膚の代謝も活発にするために、肌が綺麗になることも特徴です。

このように食物繊維は善玉菌の餌になって、悪玉菌の発育を抑えるために腸内環境を改善し、免疫力の維持や向上に繋がります。

また、こんにゃくには骨を丈夫にするカルシウムも多く含まれています。カルシウムは骨や歯の成長やイライラを鎮める作用があります。乳製品や小魚と同様に、実はこんにゃくもカルシウムを多く含んでいる食品の1つです。

消化の悪い牛乳などと違い、こんにゃくは食物繊維を含んでいて消化が良いので、小腸からのカルシウムの吸収率も高いです。

ノンカロリーに近くて無糖と無脂肪、良質な食物繊維、カルシウム、セラミドが豊富なこんにゃくは、いつもの食事を減らして食べるカロリーダイエットに適した食品です。

5kcalのこんにゃくの美容効果に期待

こんにゃくはこんにゃく芋から作ります。こんにゃくは97%が水分であり、水分を除くと主成分は「グルコマンナン」です。グルコマンナンは腸の環境を整えてくれる食物繊維です。

消化管ではほとんど消化されず、腸内微生物により一部脂肪酸に変換されて利用されます。

こんにゃくは「100g=5kcal」とカロリーが極めて低い食品で、ダイエットをはじめ、摂取カロリーを制限する必要のある場合の食品素材として多く利用されます。

こんにゃくに含まれる食物繊維も、血糖値や血中コレステロールを下げる効果や免疫増強活性があるといわれています。

ダイエットには直接関係ありませんが、こんにゃくには保湿成分のセラミドが多く含まれています。セラミドは体内にある保湿成分で、皮膚の保湿機能を改善する作用があります。

また、セラミドは美白作用やしわの原因となるメラニンの合成を抑え、肌の質感を向上させる重要な役割を果たします。

麺や米の代わりに最適なこんにゃく

こんにゃくを使用するカロリーダイエットはこんにゃく嫌いの人には向いていませんが、こんにゃくはダイエット食品の定番になるくらいです。

ツルっとする食感、無味無臭でも歯ごたえがしっかりしているので、レパートリーが豊かでダイエットと相性が抜群です。

カロリーを抑えたカップスープや雑炊などは、炭水化物ではなくこんにゃくがベースの商品となっています。

やはり、そのまま食べるよりは麺状やご飯に加えた商品が人気であり、ダイエットのためにおいしく品質改良されてきました。

また、こんにゃくは「カロリーがない=栄養もない」と思っている人も多いようですが、力ルシウムや力リウムなどの食物繊維がたっぶり含まれています。ボリュームのあるこんにゃくは、健康的に痩せることが期待されています。

こんにゃくそのものを主食にすることもいいですし、一緒に食べることで満腹感を与え、空腹感をなくすこともでき、今まで食欲を抑えることができなかったダイエット経験者に最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
標準摂取カロリーを計算
理想プロポーションを測定

食事の代わりに食べる

納豆は低カロリー高栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
バナナのカロリーと栄養
経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験