チアシードは胃で膨張する

トップページ > 食事に加えて食べる

胃の中で水分を吸って膨張するチアシード

チアシードとはチアの種であり、水分を含むと急激に膨張する食品です。日本ではなかなか変えませんが、ネットショップであればわりとよく見かけるダイエットに効果的な食品です。

  水分を吸収して、約30倍に膨張します。食事量を減らしても、普段に近い満腹感が得られます。チアシードは我慢のダイエットからあなたを解放します。

  水溶性で胃の中でも栄養分を吸収保持し、結果的に腹持ちが良いです。食事の摂取量自体も控えることができます。

  天然食物繊維がたっぷりと含まれていますので、胃腸のぜん動運動を刺激し、腸内の働きを活性化させ、コレステロールを取り込んで便秘改善に役立ちます。

胃の中で水分を吸って膨張するチアシード  血中コレステロール値を下げて、学習能力を向上させる働きがあるαリノレン酸が多く含まれています。

  カルシウムやマグネシウムなども含んでいて、美容と健康でも効果が期待できます。

チアシードを使用したダイエットは、食べ物にチアシードを加えるダイエットです。チアシードとはタイを始めとした東南アジア諸国でココナッツミルク、果実、デザート、飲料などに加えて、食されてきたシソの種です。

バジルシードと似ていますが、そのチアシードに含まれている成分はバジルシードと異なります。バジルシードよりも18種類のアミノ酸やカルシウムなど豊富な栄養素が含まれています。

種子であるチアシードは、産地の雨の少ない気候から水を含むと寒天状の物質が膨張して約30倍の体積になります。この膨張性が満腹感を与え、空腹感を抑えます。

加えて、チアシードには食物繊維が豊富に含まれていて、ダイエットに効果を発揮します。その量は100g中16gでバジルシードより多く、レタス3個分、寒天の10倍になります。

また、整腸作用はダイエットに効果的です。摂取した食事が腸内で善玉菌の栄養となり、腸内腐敗菌や大腸菌を減少させることによって、便秘や下痢などの便性の改善します。

便通が良くなると体の代謝も改善され、脂肪も燃えやすい体になります。ダイエットには直接関係がありませんが、皮膚の代謝も活発にするために、肌がきれいになることも特徴です。

悪玉コレステロールを減らすαリノレン酸

チアシードはシソ科の植物ですので、αリノレン酸を豊富に含有しています。αリノレン酸は多価不飽和脂肪酸の1つです。

脂質の主な構成分である脂肪酸の中で、飽和脂肪酸や単価不飽和脂肪酸と違い、αリノレン酸は人体内では合成や蓄積をすることができず、食事から摂取する必須栄養素です。

αリノレン酸は体の中でEPAとDHAに変換されるため、血中の悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし、癌の発生や増殖を抑制したりするなどの働きをします。

チアシードは無味無臭、飲み物や料理本来の味を損ねることはないため、ハンバーグなどの下地やジュースと一緒にしたり、ヨーグルトに加えることもでき、食べ方は自由自在です。

しかも、チアシード自体のカロリーは1包あたりわずか11kcalですので、料理に加えてもカロリーはほとんど増えません。

低カロリー&低脂肪で良質な食物繊維が豊富なチアシードは、いつもの食事に加えて食べるカロリーダイエットに適した食品になります。

見た目が悪いが古くからある食品

チアシードはヌルっとした食感があります。見た目も小さな透明な卵みたいで「気持ち悪い」と思う人もいます。

チアシードの特徴である無味無臭ですので料理の味を損ないませんが、逆にそれが苦手かもしれません。ダイエットは継続性が大事ですので無理して食べるくらいでしたら、他のダイエットをおすすめします。

また、チアシードは調理したあと比較的日持ちがしないこと、混ぜたり、固めたりする場合は調理する手間がかかることも懸念点にあげられます。

それでもチアシードは古くから食べられてきました。紀元前3500年のアステカ文明のころから健康食品として珍重されています。

チアシードはメキシコ原産で栽培されるシソ科ミント属サルビアの一種で、青い花を咲かす果実です。

チアとはマヤ語で「力」を意味します。アステカの民族は健康になる植物として賞賛しており、古くから「小さじ1杯の種、ひょうたん1杯の水で24時間走り続けられる」と評価されてきました。

さらに食するだけでなく通貨としても使われているほど、アステカ民族には馴染みの貴重品です。

チアシードでおいしくダイエット

チアシードを配合したデザートもあり、少量で満腹になれるおいしいケーキミックスなど販売されています。

チアシードをマグカップで簡単に作れるケーキなので、空腹時や間食したいときの低カロリー食や、ダイエットのサポートにも役立ちます。

ケーキだけではなく、チアシードは無味無臭ですので様々な食べ物に混ぜることができます。

野菜ジュースなどの低カロリー高栄養素のジュースにチアシードを入れ、膨らんでから飲むとダイエットに効果的です。

お好きなデザートやヨーグルト、ゼリーなど水分のあるデザートにトッピングとして摂取できますし、デザートだけではなく温かいスープに入れることもおすすめです。

一緒に食べることで満腹感を与え、空腹感をなくすことから、今まで食欲を抑制ができなかったダイエット経験者に最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
理想プロポーションを測定
標準摂取カロリーを計算

食事の代わりに食べる

経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
納豆は低カロリー高栄養
バナナのカロリーと栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験