栄養別ランキング

トップページ > カロリー一覧表

不足分は含有量が高い食材で補う

ビタミン類とミネラル類とも、日常的に偏りなく摂取することが重要ですが、普段の食事から全てをバランスよく摂ることは難しいです。そのため、代表例にあるような食品を食べると、体調を整える効果が期待できます。

例えば、夏には体の怠さを解消するためにうなぎやほうれん草を食べたり、冬はビタミンCが不足しがちなのでグレープフルーツジュースを飲んだりすると、栄養をスムーズに吸収してくれます。

栄養素具体例
ビタミンA鶏(肝臓)、豚(肝臓)、スモークレバー、あんこうきも、うなぎ蒲焼き、にんじん、春菊、卵、小松菜、ニラ、ホウレン草
ビタミンB1豚ヒレ肉、豚もも肉、うなぎ蒲焼き、ボンレスハム、米、玄米、ソバ
ビタミンB2豚(肝臓)、牛(肝臓)、鶏(肝臓)、うなぎ蒲焼き、塩さば、イワシ、うなぎ、納豆、卵
ビタミンCアセロラ10%果汁入り、グレープフルーツジュース、ネーブルオレンジ、柿、ブロッコリー(ゆで)、イチゴ、レモン、小松菜、ピーマン
ビタミンD焼きシャケ、くろかじき、うなぎ蒲焼き、さんま、あじ
ビタミンEアーモンド、うなぎ蒲焼き、はまち、かぼちゃ、ポテトチップス、ナッツ、アボカド、ホウレン草、ブリ
マグネシウム玄米、納豆、まぐろ(赤身)や牡蠣などの魚介類、ほうれん草などの野菜
カルシウムどじょうやかたくちいわしなどの小魚、えんどう豆、ヨーグルト、牛乳
カリウムさといも(生)やさつまいも(生)などの芋、まこんぶ、はいが精米、ほうれん草などの野菜
リンするめ、かたくちいわし、かつお、どじょう、わかさぎ(生)
鉄分天然鮎やあさり水煮などの魚介類、豚(肝臓)やスモークレバー、ほしひじき

食品別の含有量と効能一覧

ビタミンAを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(μg)
鶏(肝臓)507000
豚(肝臓)506500
スモークレバー305100
あんこうきも201660
うなぎ蒲焼き1001500

疲れ目や視力の低下を防ぐ、肌あれを防ぐ、活性酸素を除去するといった効果があります。免疫機能の維持にも効果が期待できます。さらにガンを予防する効果も研究されています。

また、油脂に溶ける動物性食品のビタミンAを「レチノール」、緑黄色野菜に含まれいる植物性食品のビタミンAを「β-カロテン」と呼び、体内でビタミンAに変換されます。

普段の食事からビタミンAを摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は肝臓に貯蔵されて、肝障害などの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

ビタミンB1を多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
豚ヒレ肉800.98
豚もも肉800.78
うなぎ蒲焼き1000.75
ボンレスハム500.50
1200.36

糖質の分解を助ける、疲労回復を早める、ストレスを緩和するといった効果があります。糖質代謝の酵素の補酵素となり、エネルギー代謝に関与しています。

また、皮膚や粘膜の保護、食欲の増進、神経機能の維持にも必要であり、アルツハイマー病の予防にも期待されています。

普段の食事からビタミンB1を摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は頭痛、アレルギー反応などの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

ビタミンB2を含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
豚(肝臓)501.8
牛(肝臓)501.5
鶏(肝臓)500.9
うなぎ蒲焼き1000.74
塩さば800.47

脂質の分解を助ける、肌を健康に保つ、成長を促進させる、脂っぽい皮膚を抑える、口内炎や口角炎などを抑え粘膜を健康に保つといった効果があります。

別名「発育のビタミン」とも言われており、体内で代謝系の酵素として、栄養をエネルギーに換える重要な働きをしています。

普段の食事からビタミンB1を摂り過ぎることはなく、サプリメントによる過剰摂取をしても水溶性のために尿中に出ていきます。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

ビタミンCを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
アセロラ10%果汁入り150180
グレープフルーツジュース15080
ネーブルオレンジ10060
10070
ブロッコリー(ゆで)7038

免疫力を高める、コラーゲンの生成を助ける、ガンを予防する、ストレスに対抗する、コレステロールを下げるといった効果があります。

他にも活性酸素を除去する、シミやそばかすを防ぐ、痛風を緩和するといった効果も期待できます。

ビタミンCが不足すると、寒さや細菌に対する抵抗力が下がって風邪などの病気にかかりやすくなったり、骨の発育が不十分になったりします。

普段の食事からビタミンCを摂り過ぎることはなく、サプリメントによる過剰摂取をしても水溶性のために尿中に出ていきます。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

ビタミンDを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(μg)
焼きシャケ8031.2
くろかじき8030.4
うなぎ蒲焼き10019.0
さんま8015.2
あじ8014.4

小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する働きと、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち、丈夫な骨をつくる働きがあります。

また、歯や骨を丈夫にするだけではなく、筋肉をスムーズに収縮するといった効果が期待できます。

普段の食事からビタミンDを摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は高カルシウム血症などの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

ビタミンEを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
アーモンド205.92
うなぎ蒲焼き1004.9
はまち803.28
かぼちゃ603.06
ポテトチップス301.92

活性酸素を除去する、血液をサラサラにする、更年期障害を和らげる、新陳代謝を活発にする効果があり、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

ビタミンEは抗酸化作用を有しており、不飽和脂肪酸の過酸化を抑制するため、酸化防止の目的で食品添加物としても使用されています。

普段の食事からビタミンEを摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は出血しやすくなるなどの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

マグネシウムを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
玄米5055
納豆5050
牡蠣6044
まぐろ(赤身)8036
ほうれん草5035

血液中にあるカルシウムの作用を助け、ビタミンB群と共にエネルギー代謝や核酸の合成に関わるなど、約300種もの酵素の働きを助ける役割を担っています。

そのため、多くの酵素の活性化、神経や筋肉の伝達を助けている重要な栄養素で、食品では種実類、魚介類、海草、野菜、豆類などに多く含まれています。

骨にはマグネシウムも50~60%が含まれていて、カルシウムとの摂取比率は「カルシウム:マグネシウム=2:1」がベストとされています。

普段の食事からマグネシウムを摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は下痢しやすくなるなどの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

カルシウムを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
どじょう50600
かたくちいわし20500
えんどう豆30390
ヨーグルト200240
牛乳200220

体内のカルシウムの99%は骨と歯に含まれます。残りの1%は血液や体組織に含まれ、血液の凝固作用、筋肉の収縮作用、神経の興奮性を適切に保つなどの働きがあります。

骨にカルシウムが蓄えられているため、血中のカルシウムが不足しても、骨を壊していつでもカルシウムを利用できます。

カルシウムは背が伸びて骨が育つ成長期、赤ちゃんの発育する妊娠や授乳期には、特に不足しないようにしたいです。食品では牛乳、小魚、海草、大豆、緑黄色野菜などに多く含まれています。

普段の食事からカルシウムを摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は泌尿器系結石や他のミネラルの吸収抑制などの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

カリウムを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
さといも(生)50320
まこんぶ5305
さつまいも(生)50235
はいが精米140210
ほうれん草(生)30207

主に細胞内液に存在しており、浸透圧の維持や酸塩基平衡に関与して、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加を促します。

また、ナトリウムを過剰に摂取すると血圧が上がりますが、カリウムを摂ることで血圧を抑えることができます。体内の血圧のバランスを整えるとともに、筋肉、心筋の圧縮に作用します。

食品では「果物、野菜、芋、豆、魚、肉」などに多く含まれています。普段の食事でカリウムを摂りすぎはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は腎機能が低下に悪影響を及ばすなどの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

リンを多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
するめ50550
かたくちいわし20460
かつお80456
どじょう50375
わかさぎ(生)50175

カルシウムやマグネシウムとともに骨や歯の成分になり、ミネラルの中ではカルシウムの次に多い栄養素です。食品では食品添加物や清涼飲料水などに多く含まれています。

リン酸塩として体液の酸塩基平衡を保つ効果に加え、ATPなどの高エネルギー化合物の成分として、エネルギー代謝や脂質代謝に欠かせない物質です。

食品添加物が加工食品や清涼飲料水などの酸味の素として使用されているため、普段の食事からリンを摂りすぎることも多く、過剰摂取は骨量と骨密度が減る恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

鉄分を多く含む食品
食品名日常使用量(g)栄養素量(mg)
天然鮎2012.6
あさり水煮207.6
豚(肝臓)506.3
スモークレバー305.9
ほしひじき105.5

摂取した鉄分の75%は赤血球中のヘモグロビンの成分になり、酸素の運搬に重要な働きをしています。残りの25%は肝臓などに貯蔵されています。

また、カタラーゼなどの酵素の一種となり、他の酸素を肺から体のすみずみまで運ぶ働きをしています。

鉄分は吸収率は約10%と体内に摂りこみにくいですが、ビタミンCを一緒に摂ることで鉄の吸収を促進します。逆にお茶などに含まれるタンニンは鉄の吸収を阻害します。

食品ではレバー、魚介類、大豆、緑黄色野菜、海草などに多く含まれています。普段の食事から鉄分を摂り過ぎることはありませんが、サプリメントによる過剰摂取は鉄沈着症などの副作用を起こす恐れがあります。

メニュー|栄養別ランキングメニュー|栄養別ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

次の記事     料理別カロリー一覧表
前の記事     食品別カロリー一覧表
人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
標準摂取カロリーを計算
理想プロポーションを測定

食事の代わりに食べる

納豆は低カロリー高栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
バナナのカロリーと栄養
経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験