脂肪を抑えるプーアール茶

トップページ > 食事に加えて食べる

脂肪の吸収をブロックするプーアール茶

脂肪の吸収をブロックするプーアール茶プーアール茶は緑茶を黒麹菌で醗酵させた、中国で一般的に飲まれているお茶です。

ネットやスーパーで購入できて値段も手頃ですので、継続しやすいカロリーコントロールになります。

重合型カテキン

プーアール茶には重合型カテキンとリパーゼ酵素が豊富に含まれています。この2つの成分がダイエットをサポートします。

カテキンは肝臓で脂肪酸の燃焼を促進させて、食べた脂肪が消化管で吸収されるのを防ぐ効能があります。これがプーアール茶の場合は、普通のカテキンとは違う重合型カテキンになります。

重合型カテキンのほうが腸から脂肪や糖を吸収するのを抑える働きが強く、健康効果が高いとされています。

リパーゼ酵素

プーアール茶のリパーゼ酵素は脂肪を分解するため、体脂肪が燃焼されやすくなります。食事から体内に摂取した脂肪は脂肪分解されますが、この脂肪分解にリパーゼ酵素が必要です。

リパーゼ酵素が働いていれば、余分な脂肪をどんどん分解することができます。このリパーゼ酵素を刺激して働かせるには、運動をすることが効果的です。

しかし、プーアール茶にはこのリパーゼ酵素が含まれているので、運動しないでも直接リパーゼを摂取することができます。

ビタミンB群とミネラル

プーアール茶には「ビタミンB1、B2、B6、B12、ミネラル、マグネシウムなどの成分が含まれています。

中でもビタミンB2はダイエットに効果的です。食事と一緒に摂取すると、食物が胃から小腸へ移行する速度が低下し、小腸上部に徐々に移行して吸収が上昇します。

また、胆汁酸塩によっても吸収が良くなりますので、少ないカロリーでも栄養吸収率がアップするわけです。

重合型カテキンとリパーゼで脂肪燃焼効果を促すことができるプーアール茶は、いつもの食事に加えて食べるカロリーダイエットに適した食品になります。

プーアール茶は中国では高級茶

プーアール茶は一般的に半年から1年の熟成期間が必要な茶葉であり、緑茶を黒麹菌で発酵させて作る黒茶の一種です。

茶葉は長く寝かせるほどに味がまろやかになると言われ、ワインのように年数を重ねるほど、深みと旨みが増して珍重されるヴィンテージ茶になります。

約30年~50年寝かした最高級プーアール茶もあり、カビ臭さのない芳醇な味わい、まろやかなコクと飲みやすさが絶妙のバランスを醸し出す逸品です。

中国のお茶で有名なウーロン茶に匹敵する知名度があるプーアール茶は、味はまろやかで、深い滋味と甘味があり、香気の陰にただよう醗酵臭が好まれます。

プーアール茶ならではの苦味のないまろやかな味わい、自然と感じるサッパリ感、サラサラとのどを潤して、フワリと口に残る風味は病みつきになることでしょう。

褐色がかったコーヒーの色に近い茶葉を淹れると、艶々しい黄褐色か赤褐色の湯色が見られます。プーアール茶のおいしい飲み方は下記の通りです。

  1    急須やポットなどにティーバッグを入れ、熱湯を注ぎます。
  2    軽く洗い流す感覚で1煎目のお湯はそのまま捨てます。
  3    再度、新しいお湯を入れ十分蒸らします。
  4    蒸らすと独特の発酵臭が消え、熟成された味になります。
  5    蒸らし時間は好みで変わるため、最初は味見も必要です。
  6    4煎目や5煎目と後半は、若干蒸らし時間を長くします。
  7    1度に1,000ml以上作り、冷蔵庫での常備も可能です。

プーアール茶はとても香ばしく、味わい深い飲み物です。喉が渇いたときにはプーアール茶を飲む癖をつけることで、常に脂肪燃焼効果を促すことができます。

プーアール茶のカテキンで脂肪燃焼

普段からお茶を飲む習慣がない人はプーアール茶ダイエットを始めても長続きしにくいですし、そもそもプーアール茶を飲むだけではお腹が一杯になることはありません。

ダイエットは継続性が大事ですので、無理して始めるくらいでしたら他のダイエットをおすすめします。それに本物志向のプーアール茶は価格が格段に上がるため、ティーバッグタイプを購入することになってしまいます。

ダイエット食品は低カロリー高栄養価が基本です。一般的には普段の食事の量を減らして、体脂肪を落とすことになるでしょう。

ただ、プーアール茶は普段の食事を変化することなく、脂肪の吸収を抑えるダイエットになります。市販で売れ行きを伸ばし続けている「花王ヘルシア」や「サントリー黒烏龍茶」も効能は違いますが、目的は似ています。

また、プーアール茶で急激な体重減少はありませんが、脂肪の吸収を抑えるためにリバウンドが起こりにくいことも特徴です。普段の食事と一緒に常にプーアール茶を摂るようにしたいです。

さらに豆腐、豆類、白身魚、ヨーグルトなどがタンパク質の含有量が多くて脂質が少ないものを中心に食べるようにすると、一層ダイエット効果が期待できます。

現在、プーアール茶は飲みやすいダイエット用プーアール茶やサプリメントにもなっています。今まで食欲を抑えることができなかったダイエット経験者にとって、無理のないダイエットの助けになるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

次の記事     唐辛子でカロリー燃焼
前の記事     料理別カロリー一覧表
人気ランキング

経済的なローカロリー雑炊

150kcalのプチシェイク

豆乳クッキーでダイエット

ランキング調査

おすすめ記事

エステの消費カロリー

標準体重とBMIを測定

贅沢な成分の青汁で痩身

太る原因は13個もある

カロリーデータ
ラーメンは高カロリー
おにぎりは低カロリー
マクドナルドのカロリー
スポンサードリンク

肉(牛肉・豚肉・鶏肉・料理など) 魚介(魚・魚卵・貝・料理など) 野菜・果物(葉菜・果菜・料理など) 穀物(米・パン・麺・料理など) 大豆・卵・乳製品(大豆・料理など) お菓子(和・洋菓子・スナックなど) 飲料(お酒・清涼飲料・茶など)

カロリーの基礎知識

ダイエットとカロリー計算
カロリーコントロール
食品別カロリー一覧表
料理別カロリー一覧表
栄養別ランキング

自分の体を測定

標準体重とBMIを計算
ウエストで体脂肪率を測定
標準摂取カロリーを計算
理想プロポーションを測定

食事の代わりに食べる

納豆は低カロリー高栄養
ゼロカロリーの寒天レシピ
バナナのカロリーと栄養
経済的なローカロリー雑炊
150kcalのプチシェイク
豆乳クッキーでダイエット
マイクロダイエットの効果
五穀米で主食のカロリー減
自然食は充実した栄養価

食事を減らして食べる

贅沢な成分の青汁で痩身
ヨーグルトの整腸作用
アミノ酸とクエン酸の黒酢
栄養価の高いゴーヤー料理
97%が水分のこんにゃく

食事に加えて食べる

脂肪を抑えるプーアール茶
唐辛子でカロリー燃焼
海洋深層水で水ダイエット
ビール酵母で栄養サポート
脂肪を燃焼するアミノ酸
チアシードは胃で膨張する
満腹になるバジルシード

痩せたい人の知恵袋

太る原因は13個もある
痩せる食事と筋肉質な食事
夜食は脂肪蓄積率が高い
調理法で低カロリーに変化
運動で基礎代謝量が向上
筋肉トレーニングの重要性
高価な情報商材に騙される
エステの消費カロリー
ブライダルエステを体験