納豆 - 1パック100kcalの低カロリーで食物繊維や酵素が豊富

納豆は100kcalでダイエット食に最適

納豆は100kcalでダイエット食に最適

納豆は大豆を納豆菌で発酵させた日本人の体質に合った食品です。価格が安くてどこでも買えるわりに、ダイエットの基本である低カロリー高栄養価に該当し、食物繊維や酵素が多く、コストパフォーマンスに優れています。

  1. 1パック50gあたり100kcalと優れた栄養価のわりにはカロリーが低いために、ダイエット中も遠慮することなく食べられます。
  2. 納豆は食物繊維が豊富で整腸作用があります。納豆キナーゼという納豆に含まれるネバネバした成分は、腸内で発酵を進めて善玉菌を増やす効果があります。
  3. 納豆には消化酵素と分解酵素が大量に含まれています。酵素が豊富であることは、少ない食事量でも体に効率良く吸収されることになり、栄養不足になる心配がないということです。
  4. 豆は水分を吸収しやすいので、体の中で膨張して、適量で十分な満腹感を得られます。

特に腸内で善玉菌の栄養になる整腸作用は、ダイエットに効果的です。納豆を日常的に摂取することで、便通が次第に良くなり、体調が整います。

整腸作用で健康的な体質になる

腸内に存在する腐敗菌であるウエルシュ菌や大腸菌を減少させることによって、腸のぜん動運動を活発になり、腸内環境を整えられると便秘や下痢などの便通が改善します。

便通が良くなると体の代謝も改善され、脂肪が燃えやすい体になります。これはダイエットには直接関係がありませんが、皮膚の代謝も活発にするために、肌がきれいになることが特徴です。

また、納豆にはビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB2は小腸から吸収されます。食事と一緒に摂取すると、食物が胃から小腸へ移行する速度が低下し、小腸上部に徐々に移行して、少ないカロリーでも栄養の吸収力が上昇します。

ビタミンB2は大豆には少量しか含まれてしませんが、発酵させた納豆になると納豆菌の働きによって、大量にビタミンB2が生成されます。

納豆は「1パック=100kcal」の低カロリー、低糖と低脂肪、豊富な食物繊維、良質なタンパク質、栄養吸収力を高めるビタミンB2も含まれていて、カロリーダイエットに適した食品です。

日本人の体質と相性がとても良い納豆

納豆は一般的に納豆菌を醗酵させたいわゆる糸引き納豆を指しますが、その他にも麹菌を醗酵させたあとに乾燥させてから熟成した塩辛納豆と呼ばれる納豆もあります。

ただし、ダイエットには発酵した際に生成される栄養素が必要ですので、糸引き納豆を使用しましょう。

納豆は中国から奈良時代に伝来したと言われ、平安時代の文献にも納豆の名が残っています。一般に広まった時期は室町時代以降で、今日では日本を代表する食べ物になりました。

このように納豆は一般的に広く浸透しているために、総務省統計局の全国物価統計調査の調査品目に採用されています。

ただ、納豆を使用するカロリーダイエットが有効でも、納豆嫌いの日本人も多いです。ネバネバした食感、腐ったような臭い、大豆の中に少しある苦味が苦手では仕方ありません。

ダイエットは継続性が大事です。無理して食べるなら他のダイエットに切り替えましょう。納豆は日持ちがしないですし、調理方法が限られているので飽きることも懸念点にあげられます。

このように納豆を毎日食べることは大変と感じるかもしれませんが、毎日食べなくても3日に1回や他のダイエットと組み合わせても効果的です。

また、納豆の体質を改善する効果に着目して、納豆キナーゼだけを摂取する方法もあります。納豆キナーゼとは納豆菌が作る酵素の名前で、栄養が豊富な納豆の主成分です。

納豆キナーゼを濃縮したサプリメントを服用することで、納豆と同レベルの栄養を摂取します。サプリメントであれば納豆の風味もないため、納豆が苦手でも納豆を有効活用したい人は納豆キナーゼをおすすめです。

効果2倍のおろし納豆でダイエット

納豆に大根を加えるおろし納豆は、さらにダイエット効果が期待できます。納豆同様に大根は食物繊維と酵素が豊富ために食べ合わせがとても良いです。そのおろし納豆の作り方は次の通りです。

  1. 納豆1パック(40~50g)をよくかき混ぜます。
  2. 大根おろしを納豆に加えます。
  3. しょうゆかタレを適量入れて、かき混ぜます。

納豆は単体で食べなくてもマグロや長芋と組み合わせることもできますし、臭いが強くても味を損ねない性質を持ちます。他にもダイエットに最適な納豆の調理法はたくさんあります。

料理名 説明
干しエビ納豆 干しエビを混ぜ、カルシウムを補います。
キムチ納豆 キムチの乳酸菌と白菜の食物繊維を加えて、カプサイシンが脂肪を分解します。
梅干し納豆 梅干しに含まれるクエン酸によって疲労回復効果を促します。
シソ納豆 細く切った大葉を混ぜ、更年期障害を予防します。
わかめ納豆 カルシウム、カリウム、マグネシウム、ミネラルが豊富です。
もやし納豆 大豆であるもやしを加えて、食物繊維をさらに増強します。

普段の納豆に飽きた人には、一手間加えた料理方法を試してみましょう。納豆に含まれるビタミンEとビタミンB2、大根に含まれるビタミンCは美肌効果にも役立ちます。

スポンサードリンク

本サイトでは専門性と倫理観に裏付けられた情報を掲載するように努めておりますが、内容の一部に誤りがあるなどのご指摘はお問い合わせより随時承っております。
公開日公開日 2006.01.31
更新日更新日 2015.06.22
執筆者Kirito Nakano

関連する記事

RELATED ARTICLES
海洋深層水 - いつもより多くの水分で満腹感を得る水ダイエット
海洋深層水 - いつもより多くの水分で満腹感を得る水ダイエット
ダイエット食品一覧 満腹を促進する食品
海洋深層水は見た目は普段の水と変わりませんが、ミネラル分を多く含んだ水です。ネットで気軽に購入できる上に値段も手頃ですので、始めやすくて...
ゴーヤー - 余分な脂肪を分解する共役リノール酸が豊富な食材
ゴーヤー - 余分な脂肪を分解する共役リノール酸が豊富な食材
ダイエット食品一覧 体質を改善する食品
ゴーヤーがダイエットで注目されている理由は、脂肪を分解する効果に優れているためです。通常、食事から体内に取り込んだ脂肪はリパーゼという酵...
お腹の贅肉を落とす方法!ジョギング後の腹筋運動で脂肪が燃える
お腹の贅肉を落とす方法!ジョギング後の腹筋運動で脂肪が燃える
贅肉を落とす方法 部位別の贅肉の落とし方
男女問わず、お腹の贅肉に悩んでいる人は数多くいます。若いときにはダイエットなしでスリムな体型を維持できた人も、中年になると急に体型に変化...
穀物のカロリー - 米・餅・パン・うどん・スパゲティ・そばなど
穀物のカロリー - 米・餅・パン・うどん・スパゲティ・そばなど
食品別カロリー一覧 食品のカロリー
ダイエットで主食の炭水化物を抜く人がいますが、それは間違ったカロリー制限です。ご飯は血糖値を緩やかに上昇させるので、満腹感をキープでき、噛...
肉のカロリー - 牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・馬肉・肉料理など
肉のカロリー - 牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・馬肉・肉料理など
食品別カロリー一覧 食品のカロリー
一般的には「牛肉=太る」イメージがありますが、脂肪にさえ注意すれば、良質なタンパク源になります。特に赤みはカロリーが少ないので、ダイエッ...

著作・制作など

AUTHOR AND PEOPLE
カロリン編集部
カロリン編集部
EDITORIAL DEPARTMENT
カロリーダイエットを徹底解説。食品別と料理別のカロリー計算、標準体重やBMI、痩せる方法などを掲載しています。

スポンサードリンク

SPONSURED LINK

ピックアップ

PICKUP

スポンサードリンク

SPONSURED LINK